Attorney-Client Communications: Update 2017

 In Compliance

時代の流れとともに年々改良される交信手段。
言うまでもないが、どの時代においても弁護人・依頼人間のコミュニケーションには、最新の交信手段が用いられてきた。

  • 1840年ごろ・電信が広がる。
  • 1877年ごろ・電話の発明。
  • 1902年ごろ・太平洋に電信線が渡り、地球を一周。
  • 1935年ごろ・テレックスが広く使われる。
  • 1980年ごろ・ページャーが広く使われる。
  • 1985年ごろ・ブラックベリーの登場。
  • 1990年ごろ・携帯電話が広く普及し始める。
  • 1995年ごろ・電子メールが広く普及、世界人口の0.4%がインターネット使用者。
  • 1997年ごろ・ブラックベーリーが広く普及。
  • 2000年ごろ・世界人口の5.0%がインターネット使用者。
  • 2003年ごろ・MySpaceとスカイプの登場。
  • 2004年ごろ・FaceBookが登場、テキストメッセージが普及。
  • 2005年ごろ・VOIPの普及、世界人口の13.9%がインターネット使用者。
  • 2008年ごろ・iPhoneやその他のスマーホンが普及。
  • 2008年ごろ・モバイル・テキストメッセージが普及。
  • 2010年ごろ・FaceTime登場、世界人口の30.2%がインターネット使用者。理論的にフェイスブックは集客に利用はできるが、現実に集客に成功した弁護士の例はない。
  • 2015年ごろ・世界人口の46.4%がインターネット使用者。
  • 2017年ごろ・世界人口の51%がインターネット使用者。

 

弁護人及び依頼人は、新交信技術誕生の度、情報漏えい等その安全性を懸念し導入に難色を示すものだが、時代の流れには逆らえず、いつのまにか使用するようになっている。

交信手段は将来どのように変わっていくのであろうか。

Recent Posts